古代ローマコイン 帝政期 ティトゥス 81-82年 セステルティウス銅貨 フラウィウス円形闘技場(コロッセオ)のコイン

古代ローマコイン 帝政期 ティトゥス 81-82年 セステルティウス銅貨 フラウィウス円形闘技場(コロッセオ)のコイン
古代ローマコイン 帝政期 ティトゥス セステルティウス銅貨

81-82年、ローマ発行

オモテ:コロッセオ(フラウィウス円形闘技場) 左にオベリスク(Meta Sudansと呼ばれた噴水) 右に柱廊式建物(ティトゥスの浴場)

ウラ:DIVO AVG T DIVI VESP F VESPASIAN (Divo Augustus Titus Divi Vespasianus Filius Vespasianus 神君アウグストゥス ティトゥス 神君ウェスパシヌス ウェスパシアヌスの息子) SC (Senatvs Consvlto 元老院の承認を得て)
高官椅子(sella curulis)に座るティトゥス 右手にはオリーブの枝 左手に巻物 椅子の周りには武具(盾、兜)


コロッセオ落成を記念したティトゥス帝のセステルティウス銅貨。
コロッセオは、ウェスパシヌスの時代に建設が始まり、ウェスパシヌスの死後1年後の80年に完成した。


ティトゥス
在位79-81年 
ウェスパシアヌスの長男、ウェスパシヌスの死後皇帝に即位。
ウェスパシヌスが建設を始めたコロッセオは、ティトゥス帝下に完成した。


コロッセオ(フラウィウス円形闘技場)

ティトゥス帝の治世に、コロセウムの落成記念として「百日競技会」が開かれ、9000頭もの野獣が殺された。
ティトゥスの即位から2ヵ月後に、ヴェスヴィオ山が噴火。

フォロ・ロマーノに現在も残るティトゥスの凱旋門、ユダヤ戦争の勝利を記念して皇帝の死後に建てられた。
凱旋門の内側には鷲に乗って昇天するティトゥスが表されている。






ティトゥス彫像 ローマ出土 95年頃 ナポリ考古学博物館
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ