古代ローマコイン 帝政期 オト デナリウス銀貨 69年 内乱時、平和を祈願したコイン

古代ローマコイン 帝政期 オト デナリウス銀貨 69年 内乱時、平和を祈願したコイン
古代ローマコイン 帝政期 オト デナリウス銀貨 

69年1-2月、ローマ発行

オモテ:IMP M OTHO CAESAR AVG TR P(Imperator Marcus Otho Caesar Augustus Tribunicia Potestas インペラトル マルクス・オト カエサル・アウグストゥス トリブニキア・ポテスタテ(護民官職権)) 右向きのオトの肖像

ウラ:PAX ORBIS TERRARVM (パックス・オルビス・テッラルム 全世界平和) オリーブの枝とカドゥケウス(伝令使の杖)を持ったパックス神

サイズ:3,25g 18mm

オト
在位69年。
ガルバが刺殺され、69年1月オトが皇帝に即位。
4月にウィテリウスに破れ、自ら胸を刺した自殺した。
在位はわずか3か月であった。

コインには、ローマの内乱の終結を願いPAX ORBIS TERRARVM (パックス・オルビス・テッラルム 全世界平和)の銘と平和の女神パックスが刻まれた。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ