古代ローマコイン 帝政期 ガルバ デナリウス銀貨 68年 ローマ復興を祈願したコイン

古代ローマコイン 帝政期 ガルバ デナリウス銀貨 68年 ローマ復興を祈願したコイン
古代ローマコイン 帝政期 ガルバ デナリウス銀貨

68年、ローマまたはタラコネンシス(スペイン)発行

オモテ:IMP SER GALBA CAESAR AVG (Imperator Servius galba Caesar Augustus インペラトル セルウィウス・ガルバ カエサル アウグストゥス) 月桂冠を戴いた右向きのガルバの肖像

ウラ:ROMA  RENASCES (Roma Renescens ローマ復興) ウィクトリアと槍を持ったローマ神の立像

サイズ:3,01g 19mm

ガルバ
在位68-69年
ネロの死後、68年6月、70歳のガルバが帝位についた。
しかし翌69年1月、オトの近衛軍に刺殺された。

コイン、ウラ面のROMA  RENASCES(ローマ復興)の銘は、ネロの時代の混乱からの復興を祈願したメッセージだ。
しかし、その願いは届かず、ガルバはすぐに暗殺された。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ