古代ローマコイン 帝政期 カリグラ 37-38年 デナリウス銀貨 ティベリウスによって島流しにあった母アグリッピナの名誉回復のコイン

古代ローマコイン 帝政期 カリグラ デナリウス銀貨

37-38年、ルグドゥヌム(現フランス・リヨン)発行

オモテ:C CAESAR AVG GERM P M TR POT (Caius Caesar Augustus Germanicus Pontifex Maximus Tribunicia Potestate ガイウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス ポンティフェクス・マキシムス(最高神祇官) トリブニキア ポテスタテ(護民官職権) 右向きのカリグラの肖像

ウラ:AGRIPPINA MAT C CAES AVG GERM (Agrippina Mater Caii Cæsaris Augusti Germanici ガイウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクスの母アグリッピナ)


カリグラとその母アグリッピナの肖像が刻まれたデナリウス銀貨。
カリグラの母はアグリッピナ(通称、大アグリッピナ)は、アグリッパとアウグストゥスの娘ユリアの間に生まれた。初代皇帝アウグストゥスの孫にあたる。
アグリッピナはティベリウス帝に夫ゲルマニクスの殺害の嫌疑をかけられ、パンダテリア島に流され、33年に餓死した。
カリグラの2人の兄、ネロとドルススもティベリウスによって悲運の死を遂げた。

青年期であったカリグラは妹たちと共に、カプリ島でティベリウスに隷従する日々を過ごした。
37年、ティベリウスが死去すると、親衛隊長マクロがカリグラが帝位につくよう整えた。
37年3月、カリグラが帝位についてまず行ったことは、島流しにあった母と兄の名誉を回復するため、島から遺灰を持ち帰り、アウグストゥス帝の霊廟に納めることであった。
そして、皇帝に即位してすぐに、コインにも母アグリッピナの肖像を刻んだのであった。


ローマで発掘されたカリグラと推定される小像 ローマ国立博物館
古代ローマコイン 帝政期 カリグラ 37-38年 デナリウス銀貨 ティベリウスによって島流しにあった母アグリッピナの名誉回復のコイン