古代ギリシャコイン カラブリア地方タラス スタテル銀貨 前281-前272年 競馬をするディオスクロイ

古代ギリシャコイン カラブリア地方タラス スタテル銀貨 前281-前272年 競馬をするディオスクロイ
古代ギリシャコイン カラブリア地方タラス スタテル銀貨 

前281-前272年発行

オモテ:競馬をするディオスクロイ(カストロとポリュデウケス、双子の兄弟)

ウラ:TAPAΣ(taras タラス) ニケと盾を手に持ちイルカにまたがるタラス神

サイズ:6,23g 19mm



イタリア半島カラブリア地方のタラスは最も繁栄したギリシャ都市の1つ。ラテン語ではタラントゥムと呼ばれたため、タラントと表記される場合も多い。
前8世紀にスパルタが建設した植民市。
哲人アルキュタスによって、前4世紀に最盛期を迎えた。
前272年にはローマの支配下に入った。
第2次ポエニ戦争時には、ハンニバルに占領されたが、前209年、再度ローマの支配下となった。

タラスでのコイン発行は前510年頃に開始された。
初期のコインからイルカに乗った少年の意匠が表された。
イルカに乗った少年は神話上の都市の建設者タラスとされる。
タラスはポセイドンの息子である。
タラスは航海の途中、船が難破し海に投げ出されたが、ポセイドンが遣わしたイルカによって助けられた。イルカに乗ったタラスがカラブリア地方の沿岸に辿り着き、都市タラスを建設した。

また、イルカに乗った少年は、古代ギリシャ4大競技会の1つイストミア大会の起源神話にも登場するため、イルカに乗った少年はイストミア大会の象徴とする説もある。
イストミア大会の神話起源はオルコメノス王アタマスの子メリケルテスの死である。
メリケルテスの母レウコテアは、メリケルテスを腕に抱いて海に身を投げ無理心中をした。
メリケルテスの遺体はイルカの背に乗ってコリントスへと運ばれ、コリントス(イストミアを管轄する都市国家)では、メリケルテスの葬礼儀礼としてイストミア大会が開始されたのである。

タラスでは前415年頃から、オモテ面に馬に乗った裸の騎手、ウラ面にイルカに乗った少年が表されたコインが発行されていった。
その図像種類は様々で、100種類以上ものヴァリエーションがある。


このコインのオモテ面の騎手はディオスクロイが表されている。
ディオスクロイはゼウスの息子たちの意でカストロとポリュデウケスの双子の兄弟。
彼らはゼウスが白鳥に化けてレダと交わってレダが産み落とした卵から産まれた。
兄カストルは馬術の名手で弟ポリュデウケスは拳闘に秀でていたと云う。

古代オリンピックではこのコインの図像のように裸で競馬種目が行われた。
古代ギリシャ人は、競馬種目の選手にこのコインのようなディオスクロイの姿を重ね合わせていたのだろう。
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ