古代ギリシャコイン イオニア地方スミルナ 銅貨 前188-前75年 ボクシングの籠手、カエストゥス 

古代ギリシャコイン イオニア地方スミルナ 銅貨 前188-前75年 ボクシングの籠手、カエストゥス 
古代ギリシャコイン イオニア地方スミルナ 銅貨

前188-前75年発行

オモテ:右向きのアポロン神

ウラ:カエストゥス(拳闘用の籠手)をつけた手

サイズ:3,00g 14mm

カエストゥスをつけた手がデザインされた珍しいイオニア地方スミルナのコイン。
カエストゥスは古代オリンピックなどで行われたボクシングやパンクラテオン(禁じ手のないレスリング)の選手が手に巻き付けていた皮ひもの籠手。
また皮ひもに金属の鋲を付けたカエストゥスは武器としても使われた。

古代オリンピックについて詳しくは、下をクリックしてご覧ください。

古代コイン芸術展 古代オリンピック




コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン詳細、掲載写真撮影:中村めぐみ