古代ギリシャコイン パンフィリア地方アスペンドス スタテル銀貨 前380-前330年発行 レスリング 古代オリンピックのコイン

古代ギリシャコイン パンフィリア地方アスペンドス スタテル銀貨 前380-前330年発行 レスリング 古代オリンピックのコイン
古代ギリシャコイン パンフィリア地方アスペンドス スタテル銀貨

前380-前330年発行

オモテ面:レスリングの様子

ウラ面:EΣTΦEΛIIΨ(Estwedus アスペンドスの) 投石する人 トリスケル 鷲

サイズ:10,80g 28mm

アスペンドスはパンフィリア地方(現トルコ南部沿海地方)に位置した都市国家。
アスペンドスの貨幣発行は前500年頃にスタートした。

オモテ面にはオリンピック競技でもあったレスリングの様子が刻まれている。
ウラ面には投石する人物が刻まれている。
投石は古代ギリシャの戦での戦法である。アスペンドスは投石の戦法で有名であったとされる。


レスリングの様子 ニコシヘネスのアンフォラ 黒像式陶器 前550-前540年 大英博物館


古代オリンピックについて詳しくは、下をクリックしてご覧ください。

古代コイン芸術展 古代オリンピック
コイン発行時の歴史背景は、下の「コインで見る、古代ローマ史年表」をクリックしてご覧ください。





コイン解説、写真撮影者:中村めぐみ