古代ケルトコイン

およそ紀元前4-3世紀に貨幣をつくり始めたケルト人は、最初はギリシアコインのデザインを模倣していましたが、およそ紀元前2世紀には、それぞれの部族が貨幣の意匠に独自性を持つようになりました。
特に自然や動物を敬愛していた、ケルト人は貨幣図像という小さな円の中に、各々の信仰心や芸術を刻みこみました。

ケルトコインの歴史についてはコチラ
http://www.parisii.jp/page/1

パリシイ族のコインの歴史についてはコチラ
http://www.parisii.jp/page/3

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1