ご挨拶

西洋古代コインギャラリー Parisii パリシーのホームページをご覧頂きありがとうございます。

当ギャラリーは西洋古代コインを専門に研究し、古代コイン芸術の発信に努めております。

日本ではコインと聞くと、小銭のようなものをイメージされるかもしれません。
しかし、西洋古代コインは、金、銀、銅などの貴重な金属に、細かな手彫りの打刻型で意匠が打ち込まれた芸術作品です。
古代コインは、1cmに満たないものから3cmほどと、指の1関節ほどの大きさです。
小さいながらも、ひとたび手にとれば、その立体的な美しさに息が止まります。

世界で最初のコインがつくられたのは、紀元前7世紀、小アジア(現トルコ)でのことで、打刻の方法が用いられました。
これを機に、古代ギリシャの各都市に打刻コイン発行が伝わり、類まれな彫る技術を持った古代ギリシャ人によってコイン芸術は花開きました。

古代の打刻コインは、手でデザインを彫った打刻型に、金属片を挟んで一枚一枚、ハンマーで打刻して作られました。
それゆえ同じものは1つとしてありません。

コインは貨幣ですから、同じ意匠のものを大量に作る必要がありました。
しかし意匠が彫られた打刻型は、すぐに摩耗してしまうため、発行時に複数の打刻型が作られました。打刻型は職人が手で彫っていたため、一つ一つ異なります。
それゆえ、打刻型の違い、さらに打刻の時の力加減や角度によって、全く違う作品が生まれます。

また西洋古代コインが現代のコインとは違って、格別に美しい理由は、コイン意匠が神話と切り離せないものであったからです。
古代ギリシャ人は自分たちが信仰する神々をコインに表し、コイン自体にギリシャの神々を宿らせました。
現代では物に魂が宿るという考えは少数ですが、古代人は万物に神が宿ると信じていました。
神々の分身をつくるという気持ちで作品制作に挑んでいたからこそ、古代ギリシャ人はコイン意匠に理想的な美を表し、コイン芸術が華やいだのです。

そして、古代コイン芸術に個性、写実性を見い出し、古代コイン芸術をさらに豊かにしたのが、前3世紀以降、地中海世界の覇者となったローマ人です。
ユリウス・カエサルは自身の肖像をコインに刻んだ最初の人です。生身の人間の写実的な肖像を初めてコインに登場させたのはカエサルです。
これはコイン史上大きな発明で、その後のローマの偉人たち、皇帝たちはコインに自分たちの美しい肖像を刻みつづけました。

例えば、ローマ皇帝の肖像のコインを手にとって見ます。
目が綺麗に打ち込まれているものであれば、それは生き生きとした表情を見せ、まるで遥か昔のローマ皇帝が私たちに何かを語りかけてるような錯覚に陥ります。

そして、古代コイン芸術を知るためには、紀元前2-前1世紀にガリア(現在のフランス・ベルギー)やブリタニア(現在のイギリス)でケルト人によってつくられた独創的なコインに着目する必要があると私は考えています。
中でも、フランスの首都パリで前2-前1世紀に、ケルト人ガリア・パリシイ族が発行したコインの芸術性は高く、フランスではケルト美術作品の最高峰と評価されますが、未だ、日本だけでなく、世界的にも認知度は低いままです。

パリシイ族の金貨

古代ギリシャやローマのコインの蒐集、研究はすでにルネッサンス期から盛んでしたが、古代ケルト人のコインは、長らくヨーロッパにおいて、蛮族のコインという偏見や先入観によって、見過ごされていたという背景があります。
1970年代になってようやく、イギリス人やフランス人によって本格的な研究がなされ始め、未だ日本においてはほとんど紹介されていません。

私は高校時代より、父のコイン蒐集を手伝い、大学でも西洋史を専攻し、卒業論文もガリアの貨幣流通をテーマに取り組みました。
そして、コインを研究する上で最も重要な事は、コインの白黒写真が掲載された研究書だけでなく、実物を多く見なくてはならないと父より教えられました。

しかし、日本においては、西洋古代コインを体系的に所蔵している博物館、美術館がないため、西洋古代コイン研究は非常に難しいのが現状です。
ヨーロッパでは、多くの博物館、美術館に古代コインのコレクションがあり、ニュミズマティック(貨幣学)という世界が確立されています。
またニュミズマティストと呼ばれる研究者や収集家の親交の場が沢山あり、古代コインの芸術的側面にも光が当てらています。

他の美術品もそうですが、古代コインを研究する上で、最も重要なのが世界に散らばるコレクター、蒐集家の存在です。
現在、ヨーロッパの主要な博物館に所蔵されているコインコレクションも元々は個人が人生を懸けて集めたものが基礎となっています。
私は実物を見ることに重きを置き、在学中からヨーロッパの各博物館に足を運び、またニュミズマティストや多くの収集家の協力のもと現在研究を続けています。

そして現在、西洋古代コイン芸術を日本で発信するために、西洋古代コインギャラリー Parisii パリシーを運営しています。
ギャラリー名はパリシイ族のコインの美しさに愛を込めて、パリシーと名付けました。
ギャラリー、ホームページでは、西洋古代コインを体系的に、そして鮮明な写真で見ることができる「西洋古代コイン図鑑」も作成しておりますので、ぜひ古代コインの素晴しさをお楽しみください。

今後とも、ギャラリーを通して、皆さまと古代コイン芸術を探求していければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

西洋古代コインギャラリー パリシー内観



中村めぐみ(西洋古代コイン研究家)
立教大学文学部史学科西洋史専攻卒業。
高校時代より、父親の古代コイン収集を手伝い、大学ではフランス史と古代ローマ史を専攻し、卒業論文では「北ガリアにおける貨幣流通 独立時代~帝政時代」をテーマに取り組む。
古代コインの研究を深めるため、主にフランス、イタリア各地の博物館や個人のコレクションに触れ、実地研究を行う。

シチリア島シラクサ 劇場遺跡にて