考古額イメージ

 

考古額(こうこがく)とは

 

『考古額 こうこがく』は本物の古代コインを美しい最高級の額に額装したもので、すべて一点限りです。

 

皆様のお部屋に古代コインを飾って、毎日お楽しみいただけるように、一点一点のコインの特徴にあわせた額、マット、ともに 最高級のものをコーディネイトしました。

 

ギリシャ美術、ケルト美術、ローマ美術などの古代美術品は、2千年以上もの長い月日がたった今も、人類が創造した芸術品の中で最高峰として認めらています。貨幣の図像という分野においても、ギリシア人、ケルト人、ローマ人は存分にその芸術的才能を開花させました。

 

私たちの国日本では、日本の貨幣の歴史というのはヨーロッパや、他のアジアの地域と比較してしまうと浅い歴史でありますので、古代コインというものに対して馴染みがない方が多いかもしれません。もし、日本で今から2000年以上も前の貨幣が発見されたら、間違いなく国宝となってしまいますし、皆様もご存知の通り、日本史学上、2000年以上も前には貨幣はまだ存在していませんでした。

古代ギリシアや古代ローマの地域では、貨幣はすでに生活する上でなくてはならないものであり、大量に発行されていました。

特にローマコインは突出しており3,4世紀になると、数億のローマコインが発行されたと考えらています。 それゆえ、貨幣発行に対しての美意識も高く、ギリシア芸術、ケルト芸術、ローマ芸術が貨幣図像に反映されたのでした。

特に、ギリシアコインやケルトコインの図像表現力の高さは目を見張るものです。

 

古代コインは、まさに古代美術そのものです。私たちが手にし、いつでも見たいときに見ることができる古代遺産です。

 

本物の古代遺産を毎日目にできる喜びを、皆様にご提供しようと考え、身近な所に飾って頂けるよう、小さな美しい額におさめたのがパリシーの『考古額』です。

 

世界にたった1つしかない古代コインたちが、皆様のお部屋で、2000年以上の時を経て息を吹き返しますことが、この上もない喜びに感じております。

 

Parisii パリシー 店主

 

考古額イメージ

 

古代の息吹をお部屋に.・・・

 

考古額イメージ

 

壁にかけて頂いても、イーゼルなどに置いて頂いても素敵です。

 

考古額イメージ