ご挨拶

 

 Parisii パリシーのホームページをご覧くださりありがとうございます。

 

当店は港区芝にてヨーロッパ、地中海地域の古代コインを専門に販売しているギャラリーです。

 

「古代コイン美術館」をコンセプトにしておりますので、どなた様も、お気軽にご予約の上お越しください。

 

古代コインとは、およそ紀元前7世紀に小アジアで初めて打刻された金貨がつくられたことに始まり、西ローマ帝国崩壊前後までにつくられたコインを示します。

 

この時代のコインは、手でデザインを彫った打刻型に金属片を挟んで、一枚一枚、打刻して作っていたものが主で、それぞれのコインがとても美しいです。

 

貨幣ですから、同じものを大量に作りますが、打刻型はすぐに摩耗してしまうため、大量に発行されたコインですと、いくつもの打刻型が存在しました。それも職人が手で彫っていたため、一つ一つ異なります。

 

それゆえ、打刻型の違い、打刻の時の力加減によって、発行されたコインは一枚一枚違った趣をみせてくれます。

 

例えば、肖像が刻まれたコインで、目が綺麗に打ち込まれているものですと、生き生きとした表情を見せ、まるで遥か昔の偉人が私たちに何かを語りかけてるような錯覚におちいります。

 

同じ型で打たれたコインでも、打つときの力加減や角度によって、全く違ったものが生まれたというところが古代コインの魅力です。

 

まさに手で触れられる小さな古代芸術と言えます。

 

また、古代コインの中でも約紀元前2-前1世紀にガリア(現在のフランス・ベルギー)やブリタニア(現在のイギリス)でケルト人によってつくられたコインの図像は素晴らしく、現代人にはとても思いつくことのできないものばかりです。

 

特にガリアのパリシイ族(現在のフランスの首都に住んでいたケルト民族、パリの語源はこのパリシイ族から)が作った金貨は目をみはるもので、古代コイン芸術の最高峰といわれています。

 

そのパリシイ族から、当ギャラリーの名前をパリシーと致しました。当ギャラリーは日本では扱っているお店が稀有なケルトコインを、ローマコイン、ギリシャコインに加え主に扱っております。

 

古代コインの美しさ、楽しさをギャラリーを通して皆様と探求できれば幸いです。

 

パリシー店内

 古代コイン美術館を目指しています。

 

パリシー店内写真

 ギャラリー内には、カノーヴァ・アトリエの古代レスラーの彫刻もございます。

 

パリシー店内写真

 古代コインで古代美術をもっと身近に・・・

 

営業時間(ご予約制)

火~土 12:30~17:00

上記の時間外にご予約ご希望の方はご相談下さい。

TEL 03-6435-0600

MAIL info@parisii.jp