古代コイン、今日の1枚

手の上で身をついばむ鳥が刻まれた古代ケルトコイン

こちらの古代ケルト・カルヌーテス族が発行したブロンズ貨には美しく独創的なデザインが刻まれています。
実がなった植物を持った人の手。その上に鳥が乗り身をついばんでいます。
カルヌーテス族のコインのウラ面には鳥が刻まれることが多くありましたが、中でもこのデザインは詩的で美しいです。