Recommend

古代コイン、今日の1枚

アウグストゥスがパルティアから奪回した軍旗が刻まれた銀貨

本日紹介します古代コインは古代ローマ初代皇帝アウグストゥスのデナリウス銀貨です。

この銀貨は前19年にコロニア・パトリキア(現スペイン・コルドバ)で発行されたもので、
オモテ面はアウグストゥスの肖像が刻まれています。

アウグストゥス1

そしてウラ面には誓願の盾と軍旗が表されている。
誓願の盾は前27年にオクタウィアヌスが元老院からアウグストゥスの称号を贈られた時に、奉納された金の盾で、クリア・ユリアに置かれたという。
そして盾の両側の軍旗はSignis Receptis Senatus Populus Que Roman(ローマ市民と元老院の名において奪回した軍旗)という銘文から、前19年にアウグストゥスがパルティア王国から取り返したローマの軍旗であることがわかる。
この軍旗というのは前53年のカルラエの戦いや前36年のアントニウスのパルティア遠征時のローマの敗北でパルティアに奪われていた軍旗であった。
前19年頃アウグストゥスは帝国の東方の境界線の国パルティアとの外交にも力を注いだ。
この時パルティアの王位を要求する者が、パルティア王フラアテスの息子を誘拐してローマに亡命していた。
アウグストゥスは全ての奪われたローマの軍旗と戦争捕虜と引き換えに、王の息子をパルティアに送り返す条件を出した。
パルティア王はこの交渉に応じ、軍旗と捕虜をローマに返した。

アウグストゥス2